ホルモン焼きとは

ホルモン焼きとは、牛や豚の内臓肉(もつ)を焼く料理のことですが、焼肉屋など一般的には小腸の肉を使った料理をさします。
モツはノンカロリーのため、メタボの方には焼肉屋さんでたくさん食べても安心と最近人気になっています。

ホルモン焼きの由来

戦後何もない時代に牛や豚の内臓が安く手に入ったので、それを焼いて提供したら美味しくて受けたのが始まりのようです。
ホルモン焼きはその安さから庶民の味として認知されています。今でも焼肉というとホルモンの事を指す地域もあります。
現在では、ホルモンがノンカロリーであることから、焼肉屋でも女性に人気が高い料理となっています。

ホルモン炭火焼

ホルモンを炭火で提供するホルモン専門店はかなり多いですね。戦後の名残でしょうか、焼肉屋といってもホルモン専門店があちこちにあります。ほとんどの店がリーズナブルな料金で提供しています。
一時、ホルモン鍋が流行になりましが、今は下火ですね。しかし、ホルモン焼きは安定してた支持を受けており、ホルモン専門店は今でもあちこちで生き続けています。

スポンサードリンク